So-net無料ブログ作成
検索選択

Kawasaki 新型Ninja1000 (Z1000SX) [バイク(その他)]

2011-Ninja1000-02-12 015.JPG
先日の二輪車フェアでの一番のお目当てのマシン。スポーツツアラーと呼ぶにふさわしカワサキの意欲作、Ninja1000です。発売から人気なだけに品薄感漂っていたので、実車展示を心配していましたが、無事拝むことができました。2011-Ninja1000-02-12 001.JPG
このサイドからのアングルは、スラントノーズのフロントに、綺麗にセットアップされたフルカウル、跳ね上げたテールカウルまで、実にカッコイイカタチをしてます。見るからにスポーツ感満点のツアラーです。
2011-Ninja1000-02-12 003.JPG
そして近年の「カワサキ顔」で、バッチリ決めてます。
2011-Ninja1000-02-12 005.JPG
新型ZX-10RのLEDバーグラフタコと異なり、こちらはアナログタコにデジタル速度表示などを組み込んだ主流なデザイン。基本的にはこのスタイルが、この手のハイスペックツアラーには一番王道な気がするし、タコメーターは基本アナログが好きです。まぁ、新型ZX-10RのLEDバックライドで色が変わるタコは、かなり視認性良いらしいですけどね。
2011-Ninja1000-02-12 008.JPG
ちょっと分かり辛い写真ですが、塗装はZX-10Rと異なり、メタリックのライムグリーン(キャンディライムグリーン)です。良い色してます。
2011-Ninja1000-02-12 009.JPG
マフラーはベースモデルのZ1000と同型でお馴染みのカタチです。どことなくガ〇ダムちっくなんだけど、雑誌(別冊モーターサイクリスト3月号)の開発者の素顔の写真を見たら、俺(ガンダム世代)と同じような年頃の人達だったんだが・・・まさか・・・(笑)。
2011-Ninja1000-02-12 010.JPG
現行のZ1000譲りのアルミフレームにリッターマルチエンジンで138馬力・・・公道なら十分なパワーと剛性感です。
2011-Ninja1000-02-12 016.JPG

2011-Ninja1000-02-12 058.JPG
シチュエーションに応じて3段可変できるフロントスクリーンが素晴らしい。工具無しでお手軽変更できるし、ツアラーと呼ばれるマシンはこの手法をトレンドにして欲しい。海外製アルプスローダーでも採用されてたかな。目一杯跳ね上げても風に負けることなく押し切れるパワーがあるからこそできる芸当かもね。
2011-Ninja1000-02-12 060.JPG
S-NKのZ1000ベースとは思えない全くポン付け感を感じないサイドカウル。
2011-Ninja1000-02-12 061.JPG

2011-Ninja1000-02-12 062.JPG
ツアラー適性を上げるのに4L容量アップし、19Lになってるガソリンタンク。比較しては悪いけど、CB1300STは小振りなサイドパニア追加とアップハンドル、あとは足回りをちょっと改良しただけなんですよ。スーパーツーリング(ST)を名乗るなら、せめてこうしてタンク容量も上げて、しっかり違いを見せてほしかった。このマシンの方がスーパーだと思うわ。燃費は仮に16km/Lでも約300km位の航続距離だから、250km走行毎の給油ペースなら悪くないでしょう。※燃費はデータ統計を取っている訳ではありませんので悪しからず。
2011-Ninja1000-02-12 063.JPG
LEDテールブレーキランプもエッジ感があって良いね。
2011-Ninja1000-02-12 196.JPG
セパハンは適度に高く広げて、公道での操作感覚が掴みやすく楽そうなイメージ。スクリーンのサイドが削られているのは、ハンドル周りの干渉を考慮しているようですね。頭部はともかく胸元までの空気抵抗なら、けっこう軽減してくれそうです。
2011-Ninja1000-02-12 023.JPG

主要スペック

エンジン:水冷4スト並列4気筒DOHC
排気量:1043cc
燃料供給:フューエルインジェクション
馬力:138PS/9600rpm
トルク:11.2kgf・m/7800rpm
全長2105mm
全幅:790mm
シート高:820mm
タイヤ:前120/70ZR17 後190/50ZR17
車両重量:228kg(ABS仕様231kg)
タンク容量:19L

価格1,239,000円(ABS仕様1,302,000円)

車重はリッターマシンとしては軽めだし、SS譲りの足で峠も楽しく、防風スクリーン&フルカウルで高速適正も上げ、高過ぎず低過ぎなセパハンで取り回しも良し。今までになかった新しいコンセプトのバイクです。まさにオールラウンダー。どうでもいいでしょうが、価格も愛機のCB1100の無限キット装着車より安い(笑)。仮に純正OPのケース類を付けても150万以内で乗り出せそうです。もちろん気になる人は、自身で調べるか最寄のディーラーさんに相談してね。既に1000台も売れて、現時点でオーダーしても店頭在庫を除いては、納車は5月以降になるとか(フェア常駐スタッフ談)。逆車としては異例?やっぱりヒットしたね。相変わらず妄想、戯言が多い当ブログ記事でしたが(笑)、ホント、これ良いと思うよ。

当ブログ関連記事:スポーツツーリングマシン 新型Ninja1000(Z1000SX)
nice!(13)  コメント(22) 
共通テーマ:バイク

nice! 13

コメント 22

コメントの受付は締め切りました
緑ニン

これは倒立サスにモノショックと足回りがなかなかいいですよねえ。次世代を感じます。たまに遠出したくなったときに、積載スペースに心配がいらないのは心強いですね。そして何より、ZRX1200と比べてみても軽いのが魅力かと。

でも、まだ私は日本の伝統的な二本サスのネイキッドのスタイルも好きで、みんな魅力的に見えてしまいます(笑)
by 緑ニン (2011-02-17 00:35) 

ANIKI

妄想好きはここにもいますよ(笑)。。
ほんとNinja1000はこれまでにないニッチなマシンですので
ヒットすること間違いないでしょうね。スタッフにも尋ねましたが
仰るとおり5月分まで完売だそうです。
SSからツアラー、ネイキッドにするとどうしても廉価版的なスペック
で発売してしまうので、スタイルはもちろんですが、エンジンも
ギリギリ扱いきれない出力特性が擽ります。
まだまだ、妄想はとまりそうもありません(爆)。。

by ANIKI (2011-02-17 00:56) 

番茶犬

これ良いですよね。
既にバックオーダー1000台ってのも、納得出来ますが驚きでもあったりします(笑)しかしシート高820mmってのが諦めざるを得ない点です(爆)
ア、アシが長ければな~^^;
by 番茶犬 (2011-02-17 07:24) 

半世紀少年

この顔黒くん、やっぱいいわ~。
この軽さ、かっこ良さ、売れるはずだわ。
ボクにとってはシート高がしんどいだろうけど・・・・。
試乗してみたいなぁ。
今年のKawasakiは違いますね。
by 半世紀少年 (2011-02-17 07:57) 

KENTA

>緑ニンさん
CB1100等を見てもツインショックに正立サスはこれからも廃れないでしょうし、
倒立サスにモノショックは走りの上では理にかなってるので、
双方の良さをメーカーもライダーもバイクの味で使い分けて欲しいですね。
マイバイクのCBとXRの関係がまさにそんな感じです。
by KENTA (2011-02-17 08:30) 

KENTA

>ANIKIさん
妄想はお金もかかりませんし(笑)、
将来のバイクライフの為になる勉強として納得させてます。
今まで無かったのが不思議ですが、Ninja250Rの大成功が、
いよいよカワサキ開発陣の勢いを増して行ってる気がします。
by KENTA (2011-02-17 08:37) 

KENTA

>番茶犬さん
シート高はベースのZ1000よし10㎜肉厚を上げているので、
多少あんこ抜きで対応できそうです。
まだ跨ってはいませんが、自分はおそらく両足爪先だと思うので、
もし乗るならそこら辺で対応したいです。CBより20kg近く軽いし
なんとかなるかなって・・・(笑)。
by KENTA (2011-02-17 08:40) 

KENTA

>半世紀少年さん
スポーツ系マシンだから、リンクをいじるのには少し抵抗がありますので、
最悪シートをあんこ抜きして、少し(10~20mm)シート高を調整すれば、
半世紀少年さんにもマッチングできそうですよ。
138PSエンジンとアルミフレームにモノショックに倒立サス、
パニア装着可能で、かつ「走り」も重視だなんて、
まさに「半世紀少年の理想スペック」かなって思っちゃいます。
by KENTA (2011-02-17 08:46) 

さる1号

ガ○ダムチックなデザイン、同感です。
自分はフロントカウルサイドのエアーインテイクぽい部分にそれを感じました。
フロントマスクはZX10Rのちょっとケバっぽい目付きを見た後だと大人しく感じますね。

by さる1号 (2011-02-17 09:02) 

KENTA

>さる1号さん
確かにカウルサイドの吸気部分が、ガ〇ダムで言う胸部の排気のイメージですね。
このマシンは現代のカワサキっぽさを、そつなく押し出している感じがします。
by KENTA (2011-02-17 09:59) 

TAKA

フェアには行けませんでしたが、KENTAさんとANIKIさんの
おかげで楽しませてもらいました。
Ninja1000の「タンクからハンドル下を通ってカウル先端に繋がるライン」を
みて、カタナやフェザー250(古!)を思い出してます。
by TAKA (2011-02-17 12:41) 

falconB3

タンクの造形がなんともすごい。
えぐれはわかりますが、カワサキのロゴ部分が凹んでいますね。
カウルとの一体感を保つような形をしています。
Z1-Rのタンクをいじくっていますが、こんなタンクと比べると極々単純です。

by falconB3 (2011-02-17 13:23) 

じゅん

Kawasakiの本気って感じがしますね~

私がもしあと5年早く生まれていれば迷わず購入してますね(ーー;)
by じゅん (2011-02-17 13:54) 

かみねんど

してみると、ZZR1100などは24リットルも入る訳でしょ、ガソリンに関しては今のバイクに負けてないね、次のスタンドまでの距離って大事ですよね、特に長距離ツーなどは。ははは。
by かみねんど (2011-02-17 14:32) 

KENTA

>TAKAさん
今回はKawasakiの2台から、良い刺激を貰いました。
ビッグバイクと言えばカワサキですからね。メーカーの真骨頂を見た気がします。
これからもホンダとの付き合いは続くでしょうが、
カワサキか外国メーカー・・・どちらかに傾く日がやってくるかもしれません。
by KENTA (2011-02-17 15:39) 

KENTA

>falconB3さん
仰る通り自分も雑誌写真以上にタンクのえぐれ加減に驚きました。
ニーグリップしやすい感じと、デザイン性を損なわない良いカタチをしていると思います。
Z1のようなビンテージバイクの時代とは成型技術の向上は見られますね。
バイクの基本自体は何も変わっていませんけどね。
by KENTA (2011-02-17 15:43) 

KENTA

>じゅんさん
今から5年後にはもっと良いバイクが出てきているはずです。
その中で自分に合っているバイクに巡り合うことこそが、
幸せなバイクライフの一歩ですね。日本一周頑張って楽しんで下さい。
密かに更新チェックしています。昔の俺以上に〇〇で面白いから(笑)。
by KENTA (2011-02-17 15:45) 

KENTA

>かみねんどさん
ガソリン容量はツアラーライダーなら誰しも気になりますが、
200km~300kmをぶっ通しで走る人は皆無で、
休憩タイミングと合せると、現行の新型バイクの14~21L辺りで
間に合うとメーカーが判断しているのでしょうね。
特に日本国内はGSが良く整備されていますしね。
そしてデザインを重視すると太ったタンクはNGなんでしょう。
その典型がアメリカンクルーザーです。オフ車並み(10L未満)
の容量しかないのもあるくらいですしね(笑)。
by KENTA (2011-02-17 15:52) 

nobi

ええですよねぇ・・・Ninjya1000。
これにパニアケースの付いてる仕様がツボです。
当面の憧れです。
by nobi (2011-02-17 18:16) 

mpmac

このような記事をあげてくれるととてもうれしいです。
メーカーWEBサイトを見てるかのようです。
購入希望の方にとってはKENTAさんの記事はとても参考になりますね。
私もこの記事を何度見たことか(笑)
by mpmac (2011-02-17 21:15) 

KENTA

>nobiさん
憧れを持つのは良い事です。
今の環境に満足せず頑張れることもありますから。
自分もパニア装備の車両が将来的には欲しいです。
宿泊を含め、たっぷりバイク時間を取れるようになったら、
荷物満載でロングツーを楽しみたいです。
by KENTA (2011-02-17 23:28) 

KENTA

>mpmacさん
オーナー候補さん達の参考になれば本望です。
自分が気になることを記事にして、それを自分で楽しみながら読み返します。
時々過去記事を読むと、その時々の考えや感想が垣間見えて自分でも面白くなります。
このバイクに関しては、オーナーのmpmacさんの方がリアルタイムで
良い情報を提供できるでしょうから、自分もじっくり今後も拝見したいと思います。
お互い楽しい情報交流をしましょう。
by KENTA (2011-02-17 23:33) 

関連リンク

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。